よくあるご質問


Q1.管理者とは何ですか?

 管理者とは営業所(又は古物市場)に係る業務を適正に実施するための責任者で、古物商(又は古物市場主)は営業所ごとに管理者1人を選任する必要があります。

≫もっと詳しく知りたい方はこちら

 

Q2.営業所とは何ですか?

 営業所とは、古物営業(1号営業)を実際に行う場所をいいます。登記上の本店であるかなどや、名称(本店、支店、店舗、事務所など)は関係ありません。

≫もっと詳しく知りたい方はこちら

 

Q3.行商とは何ですか?

 行商とは、露店や催し物場への出店など、営業所を離れて取引を行う営業形態をいいます。

≫もっと詳しく知りたい方はこちら

 

Q4.古物商許可における役員の範囲は?

 古物商許可においての役員の範囲は、株式会社であれば代表取締役・取締役・監査役になります。建設業許可などの役員の範囲とは異なり、監査役も役員に含まれますのでご注意下さい。

 

Q5.古物営業許可の申請先はどこですか?

 古物商許可の申請先は、営業所の所在地を管轄する警察署になります。同一県内に2つ以上の営業所を設置する場合は、それらのうちいずれかの営業所の所在地を管轄する警察署を選ぶことになります。選定に当たっての注意点は、選定したその警察署が変更届などの届出先(経由警察署)となりますので、今後の利便性を考える必要があります。

 なお、2つ以上の営業所が複数の都道府県にまたがる場合は、その都道府県ごとに許可申請が必要となります。

Q6.経由警察署とは何ですか?

 経由警察署とは、許可申請書を提出した警察署をいいます。経由警察署は変更の届出など様々な手続きの窓口になります。

 

Q7.営業所を新たに設置する場合に必要な手続きは?

 すでに古物商の許可を受けている場合で、同一県内に新たに営業所を設置する場合は、新たに許可申請をする必要はなく、経由警察署又は新たに設置する営業所の所在地を管轄する警察署に変更届を提出するだけで大丈夫です。

 なお、営業所のない都道府県に新たに営業所を設置する場合は、その都道府県内の新設営業所の所在地を管轄する警察署に許可申請をする必要があります。

 

Q8.原本証明(奥書証明)とは何ですか?

 役所などに申請をする際に原本そのものを提出することができない書類(契約書、定款など)がある場合、原本の写し(コピー)を提出することになります。その際に、その写し(コピー)が確実に原本の写し(コピー)であることを申請者名義で証明することを原本証明といいます。

 なお、書類が2枚以上になる場合は、ホチキスで綴じて、書類を開いた綴じ目のすべてに、両ページにまたがるように契印を押印します。

[原本証明の例]

この謄本は原本と相違ないことを証明します

 平成○年○月○日 山 形 太 郎 ㊞

この定款の写しは原本と相違ありません

 平成○年○月○日

  ○○県○○市○○町○○

  株式会社○○商事

   代表取締役 天 童 花 子 ㊞

上記は当会社の現行定款に相違ありません

 平成○年○月○日

  ○○県○○市○○町○○

  株式会社○○商事

   代表取締役 王 将 次 郎 ㊞

※古物営業許可申請においては、定款の写しの末尾に朱書(赤い字)して代表者印を押印します。ただし、各警察署によって記載の方法が異なることもあります。

 

古物商許可でお困りの際は行政書士佐藤陽介事務所にお任せ下さい

証明書の取得代行サービス[全国対応]

◎登記されていないことの証明書だけが欲しい!とご希望のお客様はこちらをご利用下さい

 当事務所では、地方法務局本局から遠い方や、お忙しい方、お急ぎの方のために「登記されていないことの証明書」のみの取得代行サービスを全国対応で行っておりますので、お困りの際はぜひご利用下さい。

≫サービスの詳細・料金のご案内はこちら

登記されていないことの証明書取得代行サービス
古物商許可
初回相談無料!古物商許可

管轄警察署

山形県

宮城県

秋田県

福島県

新潟県

変更手続き

変更届

届出先

古物商許可の基礎知識

古物商許可とは

古物とは

許可を受けられない場合

金属くず商・金属くず行商

金属くず商の基礎知識

料金・サービス

ご依頼の流れ
山形県の古物商許可申請書・誓約書・職歴書ダウンロード
将棋のまち山形天童の行政書士日記