営業所とは


 営業所とは、古物営業(1号営業)を実際に行う場所をいいます。登記上の本店であるかなどや、名称(本店、支店、店舗、事務所など)は関係ありません。例えば、登記上の本店が山形県内にある場合でも、本店では実際に古物の売買を行わず、実際に古物の売買を行うのが宮城県内の店舗である場合は、宮城県公安委員会の許可を受ける必要があります(申請先はその店舗の所在地を管轄する警察署です)。

 なお、許可を受けた都道府県以外での営業については、「行商(営業所を離れて取引を行う営業)」が許可されていれば、許可を受けた都道府県以外でも古物の買い取りや販売ができます。ただし、この場合であっても買い取り(受取り)については制限があり、古物商以外の一般の方(法人含む)からの古物の買い取り(受取り)は、自身の営業所又は相手の住所(居所)でなければできないことになっています。

[関連記事]

≫古物営業許可の申請先

 

古物商許可でお困りの際は行政書士佐藤陽介事務所にお任せ下さい

◎登記されていないことの証明書だけが欲しい!とご希望のお客様はこちらをご利用下さい

証明書の取得代行サービス[全国対応]

 当事務所では、地方法務局本局から遠い方や、お忙しい方、お急ぎの方のために「登記されていないことの証明書」のみの取得代行サービスを全国対応で行っておりますので、お困りの際はぜひご利用下さい。

≫サービスの詳細・料金のご案内はこちら

登記されていないことの証明書取得代行サービス
古物商許可
初回相談無料!古物商許可

管轄警察署

山形県

宮城県

秋田県

福島県

新潟県

変更手続き

変更届

届出先

古物商許可の基礎知識

古物商許可とは

古物とは

許可を受けられない場合

金属くず商・金属くず行商

金属くず商の基礎知識

料金・サービス

ご依頼の流れ
将棋のまち山形天童の行政書士日記