Q.新品を購入して転売する場合にも古物商許可が必要ですか?

新品を購入して転売するときでも古物商許可が必要になる場合があります。

例えば、Xが家電量販店から新品のゲーム機を購入し、Yに転売する場合、Xは古物商許可は必要ありません。しかし、Yがこのゲーム機をZに転売する場合は、たとえ新品であったとしても、1度でも消費者(この場合はX)の手に渡った物は古物営業法上の「古物」に該当し、また、Yは古物の売買(古物営業)をおこなっていますので、Yは古物商許可が必要になります。

 

山形県の古物商許可申請手続き代行|専門の行政書士が費用格安で最速申請!
山形県の古物商許可・産業廃棄物は行政書士佐藤陽介事務所
古物商許可
初回相談無料!古物商許可
古物商オンラインお申込み
古物商許可|個人様料金表
古物商許可|法人様料金表
古物商許可|ご依頼の流れ
古物商許可|古物商許可手続き
古物商許可|変更届出・書換申請
古物商許可|古物商の基礎知識
古物商許可|山形県の警察署の管轄区域
【Q&A形式】古物商なんでも相談室
山形県の古物商許可申請書・誓約書・職歴書ダウンロード
【改正古物営業法】古物営業法が改正されました!平成30年10月24日施行!
将棋のまち山形天童の行政書士日記
山形県天童市大字矢野目2529-2 行政書士佐藤陽介事務所