<古物商許可の基礎知識>

古物商許可とは


古物営業とは

 古物営業とは以下の営業をいいます。

古物の売買・交換などをする営業(1号営業)

古物市場の経営をする営業(2号営業)

古物の売買をしようとする者のあっせんを、インターネットを利用した競りの方法で行う営業(3号営業)

 

古物商とは

 上記の営業(1号営業)を行うために公安委員会から許可を受けた者を「古物商」といいます。

 

古物商許可が必要な場合・不要な場合

古物商許可が必要な場合

古物を買い取って売るとき

古物を買い取って修理をして売るとき

古物を買い取って使える部品を売るとき

古物を買い取ってレンタルするとき

古物を買い取らないで売った後に手数料を貰うとき

古物を別の物と交換するとき

国内で買い取った古物を国外に輸出して売るとき

上記をネット上で行うとき など

上記のいずれかに該当する場合は古物商の許可を取得しなければなりません!

無許可営業は3年以下の懲役又は100万円以下の罰金という罰則の適用があります(古物営業法第31条第1項第1号)。

古物商許可が不要な場合

自分の物を売るとき(転売目的で購入した物は含まれません)

無償で貰った物を売るとき

手数料等を取って回収した物を売るとき など

 

古物商許可でお困りの際は行政書士佐藤陽介事務所にお任せ下さい

証明書の取得代行サービス[全国対応]

◎登記されていないことの証明書だけが欲しい!とご希望のお客様はこちらをご利用下さい

 当事務所では、地方法務局本局から遠い方や、お忙しい方、お急ぎの方のために「登記されていないことの証明書」のみの取得代行サービスを全国対応で行っておりますので、お困りの際はぜひご利用下さい。

≫サービスの詳細・料金のご案内はこちら

登記されていないことの証明書取得代行サービス
古物商許可
初回相談無料!古物商許可

管轄警察署

山形県

宮城県

秋田県

福島県

新潟県

変更手続き

変更届

届出先

古物商許可の基礎知識

古物商許可とは

古物とは

許可を受けられない場合

金属くず商・金属くず行商

金属くず商の基礎知識

料金・サービス

ご依頼の流れ
山形県の古物商許可申請書・誓約書・職歴書ダウンロード
将棋のまち山形天童の行政書士日記