■登記されていないことの証明書の特徴

登記されていないことの証明書は、住民票などの証明書とは異なり、登記されていないことの証明申請書の「証明を受ける方」の欄に記入した内容がそのまま証明書として発行されるという特徴があります。つまり、住所・本籍を誤って記入した場合でも、誤った内容のまま記入した通りに証明書として出てきてしまうということです。

許認可申請手続きに証明書を使用する場合は、誤った内容の証明書は当然使い物にはなりませんので、登記されていないことの証明書の交付申請をする場合は必ず本籍の記載のある住民票を先に取得して、住所・本籍共に住民票に記載された通りに記入して下さい。

また、住所・本籍の記入に-(ハイフン)を使用したものや(住民票上の住所の表記が元々ハイフンの場合は除く)、「番」「番地」「番地の」を省略したもの、「大字」「字(小字)」等が抜けているもの、氏名の記入に略字等を使用したものは、許認可等の手続先で証明書の取り直しを要求される場合がありますので正しい表記で記入するようにして下さい。

◎当事務所では、登記されていないことの証明書とセットで住民票の代行取得もしておりますので、内容が不明な方やご不安な方は併せてご依頼下さい。
登記されていないことの証明書だけが欲しい!とご希望のお客様へ
毎月先着3名(3社)様限定!WEB割引実施中!
山形県の古物商許可・産業廃棄物は行政書士佐藤陽介事務所
山形県天童市大字矢野目2529-2 行政書士佐藤陽介事務所
古物営業許可(古物商許可)
産業廃棄物収集運搬業許可
受講の手引き無料配布中!
登記されていないことの証明書取得代行サービス!お申込みはこちら
【改正古物営業法】古物営業法が改正されました!平成30年10月24日施行!
将棋のまち山形天童の行政書士日記